耐熱クラックレスアルマイト/耐褪色黒アルマイト/接着・塗装下地用アルマイト/硬質アルマイト/蓚酸アルマイト/カラーアルマイト/ADC材へのアルマイト/
無電解ニッケルめっき/パルコートその他一般アルマイト・フープ金めっき・その他金属表面処理を取り扱う表面処理メーカー

rss



アルマイト
 
NC network

 



 
アルマイトHOME»  ブログ記事一覧»  アルマイト後処理»  Q カラーアルマイトで皮膜が着色される仕組みを教えて下さい。

Q カラーアルマイトで皮膜が着色される仕組みを教えて下さい。

Q カラーアルマイトで皮膜が着色される仕組みを教えて下さい。

アルマイト皮膜は無数の微細孔が開いており、孔内部に染料を吸着させることで着色しています。



アルマイト皮膜を生成させた直後に染料液中に浸漬すると、染料が孔(ポア)内部に吸着し、製品を着色することができます。染料の濃度・温度や染色時間、またはアルマイト皮膜の厚さにより染料の吸着量が異なり、染料の吸着量が多い程、濃色になります。

着色後は孔を閉じる封孔処理を行います。

カラーアルマイト

 

2017-12-28 12:23:07

アルマイト後処理   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

 

 
 
解説 アルマイト処理の工程~陽極酸化・染色・封孔とは? 
 アルマイト処理がどのように行われるか、他社よりも解りやすく徹底解説いたします。  人気 

   





◆アルマイト処理って何?詳しく解説! (ページリンク) ← クリック
 
 
 

 

取扱処理一覧を見る  ←クリック

特殊機能アルマイトについて見る  ←クリック

東栄電化の強みの技術について見る  ←クリック

東栄電化が選ばれる理由・事例集を見る  ←クリック