耐熱クラックレスアルマイト/耐褪色黒アルマイト/接着・塗装下地用アルマイト/硬質アルマイト/蓚酸アルマイト/カラーアルマイト/ADC材へのアルマイト/
無電解ニッケルめっき/パルコートその他一般アルマイト・フープ金めっき・その他金属表面処理を取り扱う表面処理メーカー

          


 クリック 
→ 会社案内・カタログはこちらから ←


 
 

TAF TRとは

 

 耐熱クラックレス硬質アルマイト
 
 TAF TRの第1の特徴は何と言っても「クラックレス」であるということです。

 
通常の硬質アルマイトは、その製造条件が理由でアルマイト処理後にクラックが発生してしまいます。しかし硬質アルマイトはこれまで、皮膜の硬さや耐摩耗性を要求される場合に用いられていた為、クラックは問題視されることは多くありませんでした。

 また、硬質アルマイトではない
一般のアルマイトも耐熱性は100℃前後ほどまでしかなく、その温度を超えるとクラックが発生してしまう為、アルマイトの使用範囲は100℃程度までと考えられてきました。

 しかし、最近では様々な用途で(硬質)アルマイト処理を検討するケースが増え、要求される性能も高くなりつつあります。そのような中で
高温下でもクラックしない硬質アルマイトとして、弊社で開発されたのが【TAF TR】です。



熱や紫外線に強い「耐熱黒アルマイト」はこちらをクリック
↓従来の硬質アルマイトは全面にクラックが発生


↓TAF TRは加熱してもクラックの発生なし
(350℃×1時間熱処理後)

 


耐熱性と硬さ・耐磨耗性

 
 TAF TRの耐熱性は350℃で、それ以下の温度であればクラックが発生しません。
後述の「高耐電圧・高耐食仕様」を除く


 
 ※耐熱性は室温で保持した試験片を所定温度に保持した(350℃)の電気炉内に投入し、1時間保持後、炉の電源を切り室温まで冷却した後のクラックの有無で評価しています(急熱徐冷)。
 ※材質によっては瞬間熱衝撃500℃後もクラックレスまたは低クラック性を保持したという試験結果もございますが、400℃を超えると、素材が軟化し始めるため、長時間高温となる場合は実用上不適な場合が考えられます。


 また、ビッカース硬さ試験ではHv550、特殊処理を施した、TAF TR+はHv650というアルマイトの中では超硬質の驚異的な値(合金材質に依ります)が得られています。

 耐摩耗性に関しては、相手部材との摩擦熱等により部品の表面が高温になるような場合には、
一般の硬質アルマイトだと皮膜が剥がれ大きく損傷したり、クラックから腐食したりと、耐摩耗性低下に直結する様々な問題が生じますが、【TAF TR】は耐クラック性が高くその様な問題が起こりにくいと考えられます。





 

 

 


 
 クリック 
→ アルマイト処理その他の表面処理に関するQ&Aを見る ←

耐電圧性・潤滑性・接着性

 
「クラックレス」という性質から、TAF TRは一般の(硬質)アルマイトよりも耐電圧性に優れており、高耐電圧仕様(50μm)では絶縁破壊電圧(皮膜-素地間)がAC2.5kV前後となっています。(一般的な硬質アルマイトは1.0kV程度) 
 

↑TAF TRの耐電圧性



 耐電圧性以外にもTAF TRの「クラックレス性」は、高温下での耐食性や樹脂等と摺動する際の相手攻撃性低下(TAF TR処理した部品だけでなく摺動相手の摩耗寿命を長くする)に寄与したり、PTFEを表面に担持することで潤滑性を持たせ、更に耐摩耗性を向上させることも出来ます。

 

更に、TAF TRには高密着仕様(下地性能を付与した仕様)というものがございます。昨今、エレクトロニクス、医療機器から家電製品まであらゆる分野で機能性樹脂が使用されており、アルミニウム基材にそういった樹脂をコーティングする際には基材と樹脂との密着性が求めらます。
TAF TRでは、密着性のある高放熱性絶縁皮膜も実現可能になります。
また、コーティングの下地だけではなく、異種材質との接着下地としても有効です。


 クリック 
→ 会社案内・カタログはこちらから ←

▼各業界注目技術▼

TAF TR BK
 
 
 TAF TR BKは耐熱耐紫外線黒アルマイトです。
 通常の黒色アルマイトは、熱をかけたり、紫外線や日光に長時間晒されると、皮膜微細孔中の染料が分解し、脱色していまします。
 しかし、TAF TR BKは350℃で熱処理をしても、クラックしないだけでなく、脱色することもありません。

 艶消し仕様も可能で、高温環境下で使用される光学部品(カメラ・光源装置)に最適です。

※この黒色仕様の膜厚は5~10μm程度の範囲内となっており、耐電圧や耐摩耗性などの諸特性は、通常のTAF TRと比較して低くなります。
 






 


 


TAF TRの用途例

 
① 超硬質・高耐摩耗であるため、検査台・ステージの傷付き防止、工業機械の摺動部品に最適! 
 
② クラックが発生しないため、摺動相手(樹脂など)の摩耗を防ぐ!
 
③ 高耐電圧仕様は放熱性の必要な絶縁部品に!
 
④ 黒色仕様はヒートシンクや工業用耐熱光学部品(高温度下カメラなど)に!
 
⑤ 高温下での耐食性は、ガス電磁弁や腐食環境下での治具に!
 
⑥ 必要に応じて、密着性・潤滑性などの機能付与が可能!