耐熱クラックレスアルマイト/耐褪色黒アルマイト/接着・塗装下地用アルマイト/硬質アルマイト/蓚酸アルマイト/カラーアルマイト/ADC材へのアルマイト/
無電解ニッケルめっき/パルコートその他一般アルマイト・フープ金めっき・その他金属表面処理を取り扱う表面処理メーカー

          

NC network

 

HOME»  TAFシリーズ»  TAFハード

TAFハードとは

 

高耐磨耗の硫酸硬質アルマイト
 

弊社では、硬質アルマイト【TAFハード】の品質向上を目指し、米軍規格MIL-A-8625Fに準拠した処理を施し更なる技術改善及び開発を行った結果、MIL-A-8625Fの品質要求である耐摩耗性試験の規格値及び、硬度も規格JIS H 8603も満たしました。

 


 

皮膜の外観


< 皮膜厚さ50μmの各種アルミ材質における皮膜色調 >

 

硬質アルマイト

 

硬質アルマイト

 

硬質アルマイト

 

硬質アルマイト

A2024

 

A5052

 

A6061

 

A7075

 


皮膜性能
 
素材 マイクロビッカース硬さ:HV テーバー摩耗試験結果(摩耗量)
mg/1,000cycles 
JIS規格 弊社のTAFハード JIS規格 MIL規格 弊社のTAFハード
種類 規格値 測定値 合否 規格値 規格値 測定値 合否
A6061 1種 400以上 410~450 1.5以下 1.5以下 1.14
A2024 2種(a) 250以上 300~350 3.5以下 3.5以下 1.7~2.6
A5052 2種(b) 300以上 410~430 2.5以下 1.5以下 1.28
A7075 2種(b) 300以上 340~380 2.5以下 1.5以下 1.55

 

◎:適合

 


硬質アルマイト
テーバ摩耗試験後
A2024材

 

・硬度:マイクロビッカース硬さ試験
 JIS-Z-2244による

・耐摩耗性:テーバ摩耗試験
 MIL-A-8625F及びJIS H 8603による
 (10,000回転、72rpm。測定値は1,000回転に換算)

「注」
・テーバ摩耗試験の測定値は、
(一社)軽金属製品協会試験研究センターに試験委託、
その結果による

 



 

 
 クリック 
→ アルマイト処理その他の表面処理に関するQ&Aを見る ←
 
→ 会社案内・カタログはこちらから ←

他材料・他表面処理との比較

 

次のグラフは、弊社の「TAF ハード」「TAF TR」およびシュウ酸アルマイト、一般アルマイトの硬さを示しています。(アルマイトはA5052材に処理した場合の値)



 


 次のグラフは、「一般的な硬質アルマイト」とその他材料の耐摩耗性の比較を表したグラフです。
 硬さは硬質クロムめっきに劣りますが、
耐摩耗性については硬質アルマイトが非常に優れていることがわかります。実際の用途としては硬さより耐摩耗性が重要である場合が多く、そのような場合の表面処理としては硬質アルマイトが適しているのです。弊社「TAF ハード」「TAF TR」についてはさらに下へスクロールしてください。




 


 上記の通り、耐摩耗性については硬質アルマイトが優れていますが、中でも弊社の「TAF ハード」「TAF TR」は耐摩耗性に優れています。次のグラフでは、弊社処理と一般的な硬質アルマイト(JIS規格)とを比較しています。(テーバー摩耗試験結果より)

 


 

お問い合わせ

ご依頼・ご相談・お見積り TEL:042-771-1528 FAX:042-773-4032