耐熱クラックレスアルマイト/耐褪色黒アルマイト/接着・塗装下地用アルマイト/硬質アルマイト/蓚酸アルマイト/カラーアルマイト/ADC材へのアルマイト/
無電解ニッケルめっき/パルコートその他一般アルマイト・フープ金めっき・その他金属表面処理を取り扱う表面処理メーカー

          

NC network

 

HOME»  アルマイト・化成皮膜

アルマイト・化成皮膜

アルマイト製品




ココが違う!東栄電化のアルマイトの強みのご紹介はこちらをクリック

 
 
 クリック 
→ 会社案内・カタログはこちらから ←
 
 クリック 
→ アルマイト処理その他の表面処理に関するQ&Aを見る ←
 
カラーアルマイト処理見本
絶賛好評販売中
¥60,000 / 1セット
デザイナーに大人気のカラーアルマイトサンプル





 
処理概要 


 東栄電化工業は、光学部品・半導体装置・自動車・スポーツ用品・時計外装・産業機械等に用いられる、アルミニウム合金の陽極酸化処理(以下、アルマイト)やめっき・化成皮膜処理を行っています。アルマイト前のサンドブラストの他、化学研磨・化学梨地による表面調整も社内で行っています。
 また、カラーアルマイト・硬質アルマイト・潤滑アルマイト・シュウ酸アルマイト・耐熱アルマイト・下地用アルマイトなど、意匠性や機能性を付与できる特殊な表面処理技術の開発・提案を行い、顧客のニーズに合わせた製品提供をしています。
 弊社が開発した耐熱クラックレスアルマイトは耐熱温度が高く、高温下での耐摩耗性・耐食性・耐電圧性・色の変化などの劣化が殆ど無い為、アルマイトやアルミニウム材料の適用範囲を拡げることが可能です。
 下地用アルマイトは従来技術の2倍の密着強度を得ることが可能となり、塗装やコーティングの品質を向上できます。
 他社よりも耐摩耗性が優れるカラーアルマイトは無限大のカラーバリエーションを保有し、さらに硬質アルマイトは耐摩耗性の、クロムフリー化成皮膜処理は耐食性のMIL規格を満たす等、従来技術の性能向上にも力を入れています。


目次(ページ内リンク)



アルマイト処理

特殊機能アルマイト(TAFシリーズ)

パルコート(化成皮膜処理)

その他の表面処理




 
アルマイト処理

 
 
処理種別 ・白色アルマイト 素地のままでのアルマイトです。加工、前処理、材質によりアルミ色・乳白色・灰色仕上げとなります(原色アルマイト)。
・梨地白色アルマイト 素地を機械的にサンドブラスト加工し、化学的に光沢出しするアルマイトです。白色・銀白色・銀色仕上げとなります。
・光沢白色アルマイト 素地を化学的に光沢出しするアルマイトです。
・艶消し白色アルマイト 素地を化学的に艶消しするアルマイトです。光沢の無い白色仕上げとなります。
・黒色アルマイト 素地のままでの黒染色アルマイトです。加工、前処理、材質により仕上がりの艶が異なります
・梨地黒色アルマイト 素地を機械的にサンドブラスト加工し、化学的に光沢出しする黒染色アルマイトです。主に光学外観品に使用されます。
・光沢黒色アルマイト 素地を化学的に光沢出しする黒染色アルマイトです 。
・艶消し黒色アルマイト 素地を化学的に艶消しする黒染色アルマイトです。主に光学品レンズ周りに使用されます。
・カラーアルマイト 素地を梨地、光沢出し、艶消しなどの表面調整後、当社基準色(赤・青・緑・ゴールド・グレー)及び特注色による染色アルマイトです。
処理可能材質

アルミ合金

1000系,2000系,3000系,4000系,5000系,
6000系,7000系
鋳物合金 
AC4C他
ダイカスト  ADC12他
材質により皮膜性能、発色が異なります。
膜厚、及び硬度について 膜厚:5~20μm   硬度:200~280HV
寸法変化量とは異なります。
処理可能寸法・重量 W2200mm×H800mm×D300mm以内、80kg以下
処理種別により異なります。

 

特殊機能アルマイト (TAFシリーズ)

 
 
 
処理種別
・耐熱硬質
 アルマイト
 【TAF TR】
350℃でもクラックしない耐熱アルマイト。耐磨耗性、摺動性、耐電圧性、耐食性などの機能を付与可能。
・耐熱硬質黒
 アルマイト
 【TAF TR BK】
350℃でもクラック・褪色しない黒アルマイト。
・高密着下地用
 アルマイト
 【TAF AD】
接着下地やコーティング・塗装の下地として最適な特殊アルマイト。
・硬質アルマイト【TAFハード】 膜厚5~80μ m 、硬度 350 ~ 450HV の皮膜性能をつけるアルマイトです。材質、膜厚により灰色・黄灰色・灰黒色仕上げとなります。梨地、光沢出し、艶消しなどの表面調整も可能です 。
・硬質黒アルマイト 膜厚 5 ~ 80 μ m 、硬度 350 ~ 450HV の皮膜性能をつける黒染色アルマイトです。材質、膜厚により艶が異なります。梨地、光沢出し、艶消しなどの表面調整も可能です。
・潤滑性硬質アルマイト【TAFルーブ】 硬質アルマイトに特殊フッ素樹脂を含浸コーティングする処理です。滑らかで硬い皮膜性能が得られ、耐磨耗性・摺動性・撥水性・離型性に優れます。
・蓚酸アルマイトTAF OAM 蓚酸電解により膜厚 5 ~ 50 μ m 、硬度 350HV 以上の皮膜性能をつけるアルマイトです。加工面精度を損なわず、硬い皮膜性能が得られ、摺動性に優れます。材質、膜厚により青白色、黄色、オレンジ色仕上げとなります。黒染色も可能です。
硬質アルマイト【TAFハード】は素地と皮膜の膨張係数の違いにより微細な皮膜割れが生じる事があります。
処理可能材質 アルミ合金 1000系,2000系,3000系,4000系,5000系,6000系,7000系
鋳物合金 AC4C材他
ダイカスト 合金ADC12他
材質により皮膜性能、発色が異なります
処理可能寸法・重量 ・硬質アルマイト・潤滑性硬質アルマイト
W500mm × H500mm × D200mm 以内、 10kg 以下
・蓚酸アルマイト
W150mm × H300mm × D50mm 以内、 1kg 以下

 



資料  よくあるご質問「アルマイトQ&A」  ← クリック 



 



 
→ 会社案内・カタログはこちらから ←

 
パルコート (化成皮膜処理)
 

 輸送機器部品・建材製品・電化製品・熱交換器などに用いられます。
 アロジン #1000 、 #1200 と同等の耐蝕性、塗装密着性、電気導通性が得られます。無色・乳白色仕上がりとなります。

 
理種別 パルコート
3700(CT3700)
3価クロム系の化成皮膜処理です。
6価クロムを使用するアロジン処理に対して3価クロメート処理とも呼ばれます。
パルコート3762
(CT3762)
ノンクロム系の化成皮膜処理です。
EUの環境規制宣言(RoHS規制及びELV規制)に対応していますので、六価クロム含有処理からの切換えに最適です。
塩水噴霧試験にてMIL-C-5541のスペックをクリアしています。
処理可能材質 アルミ合金
材質により皮膜性能、発色が異なります。
処理可能寸法・重量 W480mm × H650mm × D200mm 以内、 2kg 以下

 

 
その他の表面処理

 
[ 鉛フリー・無電解ニッケルめっき ] ~鉛を使用しない環境規制対応のめっき~
防錆を目的としためっきです。耐蝕性は電気ニッケルめっきより優れています。めっき厚は約 5~15 μ m 、硬度 は約400 ~ 700HVとなります。
処理種別 ・無電解ニッケルめっき
処理可能材質 鋼鉄・銅・真鍮・アルミ合金
処理可能寸法・重量 ・無電解ニッケルめっき(鉛フリー対応)
W800mm × H700mm × D400mm 以内、10kg 以下
[ 電気ニッケルめっき ]
○電気ニッケルめっきは、無電解ニッケルめっきと比べ光沢を得る事が可能です。ただし、耐蝕性、硬度は無電解ニッケルめっきに比べ若干劣ります。また、製品の形状によっては均一にめっきされない可能性もありますのでご注意ください。
処理種別 ・ニッケルめっき
・黒色ニッケルめっき
処理可能材質  銅合金
処理可能寸法・重量 W300mm × H650mm × D200mm 以内、 2kg 以下
[ サンドブラスト ]
素地をサンドブラスト(梨地打ち)して表面調整する処理です。外観品に多く使用されます。
処理可能材質 アルミ合金・真鍮
処理可能寸法・重量 W250mm × H250mm × D50mm 以内、 0.5kg 以下
[ 薬品によるエッチング・脱脂 ]
苛性エッチングにより素地表面を活性化する処理です。脱脂処理のみも可能です。
処理可能材質 アルミ合金
処理可能寸法・重量 W500mm × H500mm × D100mm 以内、 10kg 以下
[ ステンレス鋼の不動態化処理 ]
表面に薄い酸化皮膜を形成し、耐蝕性を向上させます。
処理可能材質 ステンレス鋼(オーステナイト系、フェライト系、マルテンサイト系)
処理可能寸法・重量 お問い合わせください。

 

お問い合わせ

ご依頼・ご相談・お見積り TEL:042-771-1528 FAX:042-773-4032

 





         東榮電化工業の特色・強み①を見る    ←クリック