処理紹介

「赤外吸収アルマイト」

近赤外域の波長の吸収に優れたアルマイト。
赤外線カメラ、検査機器の迷光防止や解像度改善などに!

ホーム >> 処理一覧 >> TAFシリーズ >> 赤外吸収アルマイト

【赤外吸収アルマイト】は弊社が独自に開発した赤外域の波長も吸収する黒色のアルマイトです。 製品の外観は艶消しの黒色で、耐久性の高い色材を特殊技術によりアルマイト皮膜の中に閉じ込めたものです。 この結果、赤外吸収性能以外にも耐食性や硬さ、耐熱性等も兼ね備えたアルマイトとなっております。

塗装やめっきは触ったり摺動すると、膜の表面構造が破壊されやすく、粉塵の発生やに光沢が出ることがありますが、弊社の赤外吸収アルマイトは、アルミニウム母材を酸化して強固な皮膜をつくる表面処理であるため、膜の脱落がなく、摩擦に強い特徴が有ります。寸法精度やつきまわり(均一性や複雑形状への施工性)も優れるほか、無機着色をしているため、熱や紫外線への耐久性も優れます。



赤外吸収アルマイトの特長表

アルマイトの場合、内径部や複雑な形状でも表面処理ができ、遮光線などの微細形状が埋まらず母材表面を活かすことができます。

赤外吸収アルマイトの特長

塗装やめっきで低反射性を持たせる場合の表面はモスアイ構造や粒子を分散させた形状になっているため欠落し易いですが、アルマイトであれば構造を強固なまま維持できます。

赤外吸収アルマイトの特長


赤外吸収アルマイトの全反射率

▼赤外吸収アルマイトの全反射率(可視〜近赤外)
各表面処理の全反射率を示します。
現在開発中の2種類は、更に吸収率が高くなります。(より低反射になります。)

赤外吸収アルマイトの全反射率グラフ

赤外吸収アルマイトの長波長域の吸収特性

▼赤外吸収アルマイトの超波長域の全反射率(近赤外〜遠赤外)
一般のアルマイトと弊社表面処理のデータを示します。


赤外吸収アルマイトの長波長域の吸収特性グラフ


お問い合わせはこちらから »


600nm、900nm、1500nmの波長ごとに、入射角毎の正反射率を示します。

赤外吸収アルマイトの正反射率グラフ1

赤外吸収アルマイトの正反射率グラフ2

赤外吸収アルマイトの正反射率グラフ3

赤外線センサー、LiDER、分析機器、測定機器、検査装置、生産設備、制御機器において下記の目的で採用/採用検討が行われています。

(1)迷光防止・・・鏡筒、分光器などに施工することでノイズの除去が可能です。
(2)高コントラスト化・・・検査ステージ、コンベアなどに施工することで、被観察対象を鮮明な画像で検出できます。
(3)高出力光の装置外への漏れ防止・・・装置内面に施工することで、レーザー光などの漏れを抑制するとともに、装置外装に施工することで、レーザー照射による外観劣化を防ぎます。
(4)光学的信号・・・エンコーダ等の赤外線非反射板として使用できます。
(5)ステルス性能・・・車両や航空機、船舶など外装に施工することで、赤外線センサの無効化が期待されます。

分野は航空宇宙・医療・気象・防災救助・発電設備・農業のほか各種自動化技術など様々です。

赤外吸収アルマイトimage

赤外吸収アルマイトimage

赤外吸収アルマイトimage

赤外吸収アルマイトimage


お問い合わせはこちらから »



【NEW】赤外吸収アルマイト
「TAF TRSBK」

catalog イメージ TAF TRSBK
  • 高耐久性も併せ持つ赤外域波長の吸収に優れたアルマイトです。光学検査機器の迷光防止や解像度改善などにお役立てください!
PDFをみる

技術レポート
「表面処理技報」

catalog イメージ
  • 「表面処理技報」 耐熱性のあるアルミニウム陽極酸化被膜 - 耐熱クラックレス超硬質アルマイトTAF TRの諸特性 -
PDFをみる

他社と差がつく決定版
「表面処理の問題解決事例集」

カタログイメージ
  • 知らないともったいない!? アルミ×表面処理の成功パターン!高寿命、性能向上、品質改善、軽量化、コストダウンに
PDFをみる

【NEW】カタログ
特殊機能アルマイト (2024)

カタログイメージ
  • 「特殊機能アルマイト」の皮膜性能・特長を最新のデータで記載!拡がり続ける可能性「アルミを変える世界を変える」2024年2月版
PDFをみる

その他のカタログはこちらのページから »