耐熱クラックレスアルマイト/耐褪色黒アルマイト/接着・塗装下地用アルマイト/硬質アルマイト/蓚酸アルマイト/カラーアルマイト/ADC材へのアルマイト/
無電解ニッケルめっき/パルコートその他一般アルマイト・フープ金めっき・その他金属表面処理を取り扱う表面処理メーカー

rss



アルマイト
 
NC network

 



 
アルマイトHOME»  ブログ記事一覧»  アルマイト皮膜の性能»  Q アルマイト加工処理が放熱性に及ぼす影響を教えてください。

Q アルマイト加工処理が放熱性に及ぼす影響を教えてください。

Q アルマイト加工処理が放熱性に及ぼす影響を教えてください。

アルマイト皮膜はアルミニウムよりも輻射率が大きくなります。ヒートシンクなどが輻射によって放熱する場合、放熱量が高くなります。
また、アルマイト処理の種類によっても放熱性が変わるようです。

ヒートシンクなどの放熱特性を向上させるためには、素材の熱伝導率が重要になってきます。
アルマイト処理をすることにより、高性能のヒートシンクを得ることが可能です。


 

  放射率(ε)
アルミニウム素材面 0.04 – 0.06
アルマイト処理面 0.7 – 0.9
黒色アルマイト処理面 0.94 – 0.96

2017-12-28 11:02:39

アルマイト皮膜の性能   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

 

 
 
解説 アルマイト処理の工程~陽極酸化・染色・封孔とは? 
 アルマイト処理がどのように行われるか、他社よりも解りやすく徹底解説いたします。  人気 

   





◆アルマイト処理って何?詳しく解説! (ページリンク) ← クリック
 
 
 

 

取扱処理一覧を見る  ←クリック

特殊機能アルマイトについて見る  ←クリック

東栄電化の強みの技術について見る  ←クリック

東栄電化が選ばれる理由・事例集を見る  ←クリック