耐熱クラックレスアルマイト/耐褪色黒アルマイト/接着・塗装下地用アルマイト/硬質アルマイト/蓚酸アルマイト/カラーアルマイト/ADC材へのアルマイト/
無電解ニッケルめっき/パルコートその他一般アルマイト・フープ金めっき・その他金属表面処理を取り扱う表面処理メーカー

rss



アルマイト
 
NC network

 



 
アルマイトHOME»  ブログ記事一覧»  アルマイト後処理»  Q 何故封孔処理が必要なのですか?

Q 何故封孔処理が必要なのですか?

Q 何故封孔処理が必要なのですか?

アルマイト皮膜には無数の微細孔が有るため、十分な耐食性を確保するために封孔処理を行います。

アルマイト皮膜の封孔処理とは、皮膜にある無数の孔(ポア)内部に「ベーマイト」と呼ばれる水和酸化物を生成・析出さ せる事によって、アルマイト皮膜表面を化学的に不活性な状態にする処理のことです。

封孔処理には酢酸ニッケルや酢酸コバルトなどの金属塩を用いる方法や、沸騰水・加圧蒸気を使用する方法が有ります。(※加圧蒸気封孔は弊社では取り扱っていません)


2017-12-28 14:38:50

アルマイト後処理   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

 

 
 
解説 アルマイト処理の工程~陽極酸化・染色・封孔とは? 
 アルマイト処理がどのように行われるか、他社よりも解りやすく徹底解説いたします。  人気 

   





◆アルマイト処理って何?詳しく解説! (ページリンク) ← クリック
 
 
 

 

取扱処理一覧を見る  ←クリック

特殊機能アルマイトについて見る  ←クリック

東栄電化の強みの技術について見る  ←クリック

東栄電化が選ばれる理由・事例集を見る  ←クリック