各種アルマイト・・・カラーアルマイト・硬質アルマイト・シュウ酸アルマイト・耐熱アルマイト・下地用密着アルマイト・潤滑アルマイト  
アルミニウム化成皮膜・フープ金めっき・その他金属表面処理
  

 

HOME»  TAFシリーズ

TAFシリーズとは

TAF(タフ)シリーズとは東榮電化工業の高機能アルマイトシリーズの事で、「Toei Anodizing Film」から、その名が付けられました。
TAFシリーズは、一般に普及している硫酸アルマイトとは皮膜の性質が異なり、様々な機能を付与することができる為、アルミニウム部品に新たな価値を見出すことが出来ます。
 
その機能性は様々な分野で評価されています。


 
機能アルマイトについての資料をダウンロードする。

カタログ1をダウンロードする。
カタログ2をダウンローヅする。

 

TAFシリーズにはどのようなものがあるか

TAFシリーズは、通常のアルマイトでは適用できないような使用方法や、環境下においても、強度や軽量化、電気伝導率、熱伝導率などのアルミニウム材が持つ特色を最大限に活かしたいという、お客様からの要望にお応えするべく開発されました。


350℃に加熱してもクラックしない耐熱クラックレス硬質アルマイト【TAF TR】は、その「クラックしない」という性質から、耐摩耗性や
高温下での耐食性、耐電圧性の向上に寄与できます。他にも、樹脂と摺動する際の相手材への攻撃抑止効果など様々な特性を持ちます。また、クロムを使用していないため環境負荷の少ない表面処理になっています。

高密着アルマイト【TAF AD】はクロムなどの金属塩を用いた化成処理や、硫酸アルマイトと比較し、2倍以上の密着強度を得ることが可能です。こちらもクロムなどの重金属は使用していません。

潤滑アルマイト【TAFルーブ】は通常の硬質アルマイトでは得られなかった耐摩耗性、特に初期のかじり摩耗を抑制し、部品の寿命を長くする事が出来ます。

その他、MILスペック(耐摩耗性)をクリアした硫酸硬質アルマイト【TAFハード】や【シュウ酸アルマイト】も取り扱っています。

 

詳細ページリンク

 
■高耐熱性・高耐電圧性をもつクラックレス硬質アルマイト
【TAF TR】について詳しく見る
 
■高密着強度、コーティング下地や接着下地に最適
【TAF AD】について詳しく見る
 
■フッ素樹脂により耐摩耗性を向上させる潤滑硬質アルマイト
【TAF ルーブ】について詳しく見る
 
■A2000番台やA7000番台(ジュラルミン~超々ジュラルミン)にも硬質皮膜が可能
【TAF ハード】について詳しく見る
 
各種アルマイト処理の特性比較を見る

 
 


 会社案内・カタログのダウンロードはこちら ←クリック
 
 アルマイト処理その他の表面処理に関するQ&Aを見る ←クリック