耐熱クラックレスアルマイト/耐褪色黒アルマイト/接着・塗装下地用アルマイト/硬質アルマイト/蓚酸アルマイト/カラーアルマイト/ADC材へのアルマイト/
無電解ニッケルめっき/パルコートその他一般アルマイト・フープ金めっき・その他金属表面処理を取り扱う表面処理メーカー

rss



アルマイト
 
NC network

 



 
アルマイトHOME»  用途別で見るアルマイト
精密光学部品 医療機器
光学部品へのアルマイト 低反射・耐熱性・耐候性・硬度・防塵

→ もっと見る
医療機器へのアルマイト 耐食性・硬度・耐熱性・防塵

→ もっと見る
車両・輸送機器 治具
自動種部品へのアルマイト 耐食性・硬度・耐磨耗性・耐熱性・放熱性

→ もっと見る
治具へのアルマイト 硬度・耐熱性・耐磨耗性

→ もっと見る
電子機器・半導体製造装置 産業機械摺動部品
電子機器へのアルマイト 耐電圧性・放熱性・耐食性・防塵

→ もっと見る
機械部品へのアルマイト 硬度・耐摩耗・厚膜

→ もっと見る
照明機器 食品製造装置
照明機器へのアルマイト 放熱性・耐熱性・意匠性

→ もっと見る
食品製造装置へのアルマイト 耐食性・硬度・耐熱性・防塵

→ もっと見る
 
精密光学部品
カメラや光源装置などの精密光学部品、特にレンズ周りの部品は低反射性・寸法精度が求められ、黒アルマイト処理が一般的に行なわれます。
弊社では、光学部品を得意とし、寸法変化±0μm仕上げを追求したアルマイト「フィニッシュゼロ」や「TAF TR BK」をご提案します。

【事例】
特殊光学部品への「TAF TR BK」 耐熱試験120℃×2000時間OK(クラック・変色なし) ・・・他

 
医療機器
医療機器と言っても様々あるかと思いますが、弊社の実績では特に「TAF OAM」や「TAF TR」をご提案します。こちらの2種類の処理は、一般のアルマイトよりも硬度が高く、耐食性が優れます。又、硬質アルマイトのようにクラックが発生せず、面粗さの小さい皮膜を得ることが可能になります。さらに耐熱性も、通常よりも優れており、黒色使用も可能となっています。※耐熱性は「TAF TR」のほうがより優れます。

【事例】
医療検査機器 シリンダーへの「TAF OAM」 摺動性(耐磨耗性)良好 ・・・他
車両・輸送機器
この用途ではADC12などのダイキャストが多く使われるかと思います。弊社ではADC12専用アルマイトラインを常設しており、一般的アルマイトが難しいと言われるADC12でも優れた耐食性を付与できます。弊社では、自動車向け部品を始めとした高耐食アルマイトの実績がありますのでお問合せ下さい。

【事例】
車載向け電気系統カバーへの高耐食アルマイト 耐食複合サイクル試験良好 ・・・他 
 
治具
この分野では硬度や耐磨耗性を重視される場合が多くあります。硬質アルマイト「TAFハード」や超硬質アルマイト「TAF TR」は優れた皮膜を得ることが可能です。熱のかかる環境や高電圧がかかる場合は「TAF TR」が効果的で、離型性などを要する場合は「TAFルーブ」を推奨します。

【事例】
部品熱処理用治具への「TAF TR」 耐熱試験350℃以上 OK(クラック無し)
半導体試験治具への「TAF TR」 高温下の絶縁試験 良好 ・・・他
電子機器・半導体製造装置
電子機器では絶縁性・耐電圧性や放熱性が求められるためアルマイトを使用することが多い分野ですが、弊社では耐電圧性の高い「TAF TR」をご提案します。「TAF TR」はクラックレスであるため、通常のアルマイトと比較して高い耐電圧性を付与できます。またプリント基板の下地などには下地アルマイト「TAF AD」が有効です。「TAF AD」は「TAF TR」との2層構造にすることも可能です。

半導体製造装置では、クラックが発生せず、粉塵発生を防止できる「TAF TR」が効果的です。

【事例】
プリント基板下地として「TAF AD」 密着性試験良好
半導体製造装置部品への「TAF TR」 耐熱試験300℃OK(クラック・粉塵の発生なし) ・・・他
産業機械摺動部品
 こちらも、要求される皮膜性能は多岐に渡ると思いますが、主要である硬さ・耐磨耗性・摺動性に焦点を当てると、「TAFハード」「TAFルーブ」「TAFTR」をご提案します。
いずれも硬質アルマイトで、「TAF TR」がもっとも硬く(材料による)耐熱性に優れます、初期かじり摩耗の防止などを目的として潤滑性能を付与したい場合は「TAFルーブ」になります。
 
照明機器
照明機器は外観の意匠性だけでなく、放熱性が必要な場合にはアルマイト処理が多く用いられます。
しかし、照明機器部品の中にはかなり高温になるものもあり、この場合、通常のアルマイトでは不十分です。「TAF TR」や「TAF TR BK」であれば高温に耐えることが可能になります。

【事例】
LED照明器具への「TAF TR BK」 耐熱試験180℃×1000時間OK(クラック・変色なし) 耐紫外線試験OK(変色なし) ・・・他
 
食品製造装置
この分野も要求性能によって皮膜の種類が大きく変わります。
「TAFシリーズ」全般がおすすめですが、中でも弊社の新独自技術「TAF TR」や「TAF TR BK」(いずれもクラックレス耐熱アルマイト)はお客様のお悩みを解決できる可能性を多く秘めています。

【事例】
搬送部品への「TAFハード」 耐磨耗性良好
加熱部品への「TAF TR BK」 耐熱試験200℃ OK(クラック・変色なし) ・・・他 



◆アルマイト処理って何?詳しく解説! (ページリンク) ← クリック
 
 
 
 
解説 アルマイト処理の工程~陽極酸化・染色・封孔とは? 
 アルマイト処理がどのように行われるか、他社よりも解りやすく徹底解説いたします。  人気 

   

 

取扱処理一覧を見る  ←クリック

特殊機能アルマイトについて見る  ←クリック

東栄電化の強みの技術について見る  ←クリック

東栄電化が選ばれる理由・事例集を見る  ←クリック

 


 

 

Q&A(一部抜粋)

 

耐熱アルマイト
▲耐熱アルマイトはこちら
耐熱黒アルマイト
▲耐熱黒アルマイトはこちら
下地アルマイト
▲接着接合・塗装下地はこちら
カラーアルマイト
▲カラーバリエーション無限大のアルマイトはこちら
パルコート
▲高耐食クロムフリー化成皮膜はこちら
精密アルマイト
▲高精度黒アルマイトはこちら